プラスチック・樹脂加工ならプラスチック加工.comへ

スケルトン染色試作品

2014年9月19日 金曜日

DSC_9554    

 

 

これはポリカーボネートの透明板から切削加工で製作した 試作品です。

それを赤で染色しました。 

とても美しく仕上りました。

こういった形状はとてもシンプルではありますが、

切削加工での テクニックが必要です。

また磨きの技術や透明化技術などトータル的に技術レベルが

必要となります。

こういった部品が10個近く必要だとかになれば真空注型の透明品で

製作したほうがリーズナブルです。

スケルトンに着色できますし、調色が必要な色の場合はスケルトン塗装で 対応致します。

この形状であれば、真空注型のマスターは光造形よりも切削加工で製作した ほうが

磨き処理が楽で綺麗に仕上がります。