プラスチック・樹脂加工ならプラスチック加工.comへ

PMP(ポリメチルペンテン)の強み

2020-02-24(月) blogs

TPXとも呼ばれるポリメチルペンテン。

沸騰蒸気でも加水分解しないため、スチーム滅菌で使用できます。

まずまずの透明で軽く扱いやすいポリメチルペンテン。

透明素材であるに関わらず、溶剤にも強いのも特徴です。

高温にも強く、食品衛生法もクリア。

医療器具や注射器、理化学実験器具から、電子レンジ部品などに使われています。

アルミ治具の切削加工品

2020-02-23(日) blogs

アリスの定番仕事。

それはアルミ治具の切削加工です。

生産ラインで使用される治具類。

1個~100個程度まで。

数十個が多くなっています。

たくさんのメーカー様からご発注をいただいております。

納期はご希望よりも大幅に前倒しする事が多くて、喜んでいただいております。

アルマイト処理など表面処理や刻印なども問題ありません。

アルミで製作するライン治具はぜひアリスにお声かけ下さい。

プラスチック樹脂ギア

2020-02-23(日) blogs

ギア素材の王道はPOM(N)です。

(N)とはナチュラル素材色という意味で、POMの場合は白色となります。

ギアの場合は黒色の指定もありますが、ほとんどが白色です。

POMは、ポリアセタールやジュラコンとも言います。

画像は切削加工で製作したギアたちです。

1個から数百個まで。

試作品や少量多品種の部品として製作しました。

POM(ポリアセタール)ジュラコンで製作するギアはお気軽にお声かけ下さい。

草履のソール部をEVAで

2020-02-22(土) blogs

ブライダル用の美しい草履。

本コルクや圧縮(圧搾)コルクの台から素材が変わろうとしています。

コルクはワインのコルク栓がもっとも重要な用途だとの事。

コルクの木は、ポルトガルを中心に、スペイン、フランス、イタリア、モロッコ、アルジェリア、チュニジアの7か国だけにしかないらしい。

世界的なワインブームでコルクが不足気味。

草履やサンダル用のコルクが供給不足で値段が高騰。

ポリウレタンやEVAで代替を行いつつあります。

天然コルクとは似て非なる物ですが、代用品で対応していかないといけません。

EVAを切削加工して試作品を製作。

履き心地や耐久性をテストしていきます。

PTFE(テフロン)切削加工でソリを抑える

2020-02-22(土) blogs

片面の加工容積が多い薄く長い形で、ソリ公差が5/100以下と厳しいお仕事。

他社がお断りして来たとの事で、アリスがトライしてみました。

PTFE在庫でテスト加工して製品を1個、すぐに製作してみました。

結果、客先の検査で最大で18/100反っているという検査報告がありました。

内製のソリ検査結果と同等だったので、弊社で検査して問題なければ合格となります。

検査する環境の違いで検査結果も大きく変わるので、客先との検査結果が違わないかを確かめました。

2回目は社内で計測。 最大6/100でNG。 3回目に最大4/100とソリ公差をクリアしたので受注数量の10個を製作。

全数、4/100以内のソリだったので納品してOK。 お客様に喜んでいただけました。

今は、その仕事よりも難易度を高くしたオリジナルの形状を、ベトナム人エンジニアが考えてモデリング。 サンプルを製作しています。

平均肉厚を2㎜として、ソリ公差は最大3/100以内を狙っています。

クリアできれば壁を高くしていきます。

他にスタッフも、リバースエンジニアしてEVA切削加工する事や、薄く湾曲したアクリルを奇麗な透明化するなど、それぞれが難易度の高いテーマに挑んでいます。

暇な時は宝の時間。 他にスタッフも、リバースエンジニアしてEVA切削加工する事や、薄く湾曲したアクリルを奇麗な透明化するなど、それぞれが難易度の高いテーマに挑んでいます。スタッフも、リバースエンジニアしてEVA切削加工する事や、薄く湾曲したアクリルを奇麗な透明化するなど、それぞれが難易度の高いテーマに挑んでいます。 スタッフも、

ハスバ真鍮ギア

2020-02-21(金) blogs

真鍮ギアのハスバです。

画像はポリカーボネート(透明)ギアでカバーしています。

様々な素材のギアを1個からでも製作しております。

切削加工で製作する場合は、100個ぐらいまでの数量が多いです。

POM(N)/ジュラコン/ポリアセタールの白や黒がメイン素材となります。

切削加工で製作する少量多品種のギアはぜひお声かけ下さい。

PTFE(テフロン)切削加工の難しさ

2020-02-21(金) blogs

暇になって来ました。

こんな時の過ごし方が大切に思います。

私は、不安や恐怖に捕らわれないように、したかった仕事や技術を淡々を磨きます。

弊社の製造スタッフは、はPTFE(テフロン)加工の厳しい寸法精度に挑戦しています。

先日、テフロン加工で他社が無理だと断って来たらしい仕事の依頼がありました。

PTFE(テフロン)は、加工する室温や加工温度が寸法精度やソリに大きく影響します。

膨張などで寸法変化が大きく出ます。

切削加工した時の残留応力が大きく、ソリが大きく発生します。

片面の加工容積が多い薄く長い形などでソリがでますが、その仕事は、ソリ公差が5/100以下と厳しい。

PTFE在庫でテスト加工して製品を1個、すぐに製作してみました。

草履のソール部をEVAでサンプル作成

2020-02-20(木) blogs

草履のソール部をスキャンして 現物から3Dデータ作成。

在庫のEVAを切削加工して製作しました。

実際はコルクのため、今回使った普通 レベルの硬度では柔らかすぎです。

切削加工は柔らかい程難しいので硬度 アップは問題ありません。

EVAのお仕事では表面の美しさが いつも高評価です。

※サンプルをもう少し奇麗に仕上げます。

穴内側の汚さは抜きをテストしたので こうなりました。

また穴内側も仕上げます。

コルクに近い硬度のEVAも調達できます。

板の見積依頼中。 安価だったら購入して本格的なソールを 製作してみたいと思います

小ロット部品の製作

2020-02-20(木) blogs

小ロットの部品を製作する事が多くなりました。

オーディオ用のアルミのツマミを1,000個/LOTで切削加工しています。

旋盤とCNCマシニングセンタで機械加工して、ホーニング加工で仕上がります。

3種類あって、在庫が少なくなれば1,000個/LOTでご注文をいただきます。

またペットショップでの部品は、PC(透明)のシボ仕上です。

500個/LOTなので金型を製作しての射出成形で製作しています。

この部品も在庫は減少すれば注文があります。

その他、ハンドルグリップは、500個/LOT。

アイデア商品も500個/LOTです。

PC/ABSやPOMなど射出成形品はさまざま。

色も赤・青・黄色・緑など外観部品は華やかです。

各種insulatorは切削加工で製作します。

数量が100個程度まで。

材質はPBT(GF30)が多い。

今も104個を切削加工中です。

アルミ部品も100個程度までの切削加工で行っています。

試作・治具・部品の製作割合がバランスよくなっています。

開発試作アリスの得意とするシリコンゴム試作

2020-02-19(水) blogs

開発試作アリスはシリコンゴム試作を得意としています。

展示会用サンプルとして、よくある形状で製作した シリコンゴムのリング。

ご来社時にサンプルを見られて、透明で欲しいと いうことで5個注文がありました。

アクリル型を使って複雑な形状が安価でスピーディに製作できます。

このサンプルの硬度は45度±5度となります。

1 / 512345