プラスチック・樹脂加工ならプラスチック加工.comへ

プロトタイプABS試作

2020-03-31(火) blogs

ABSの板材から高性能マシニングセンタでプラスチック 樹脂の切削加工中。

少しずつ綺麗に仕上がっていきます。

工作機械での機械加工。

CAD/CAMでプログラミング。

CNCマシニングセンタをオペレート。

切削加工後は仕上げ・組み立て・勘合チェックして 機構設計の摺動性などを確認します。

透明切削アリスの実力

2020-03-31(火) blogs

透明切削加工のアリスでは、ポリカーボネートの美しさに 負けないぐらい

アクリルを仕上げることができます。

後ろの2個がポリカ(透明)の卵。

前の2個が新作したアクリル(透明)の卵です。

ポリカはプラスチッキーなため、ブルーイングされています。

※少しブルーに染色されています。

どこにでもある形状なんですが、切削加工では手間がかかります。

実際の見た目は大きな差はありません。

ポリカーボネートとアクリルは同じぐらいのレベルで透明化処理できるのが、

(株)アリスの強みです。

観察して論理を積み上げていくものづくり

2020-03-30(月) blogs
ものづくりは観察して論理的思考で積み上げていくことが原理原則。
そのロジカルにアイデアや感性を活かすことが、
あたらしいを 生み出すクリエイティブな新製品開発なんだと思います。
左脳と右脳をバランス良く働かせるものづくり。
それが、開発試作の重要なポイントであり、おNEWの試作モデルや
治具部品加工には重要な要素ではあると思います。
左脳と右脳をバランス良く働かせるものづくり。
それが、開発試作の重要なポイントであり、おNEWの試作モデルや
治具部品加工には重要な要素ではあると思います。
特に観察して論理を積み上げていくことが基礎となって ひらめきが活きる。
99%が観察から生まれる物理学ではないのかと感じます。
いかがでしょうか?

プラスチック機械加工中(CNCマシニングセンタ切削動画)

2020-03-30(月) blogs

透明アクリルの加工実績が豊富です。

アクリルを削り出しての切削加工。

レーザーカットやルーターカット、パネルソー、 昇降盤など

様々な設備を使ってカットしたり、 曲げたりもしています。

用途は様々で可視化モデルやバルブ、接手、箱、 タンク、

筐体、ゲーム機の部品、窓、レンズ、 透明板など多岐に渡ります。

動画はCNCマシニングセンタで切削加工してる ところです。

透明アクリルでチェスを製作しています。

透明アクリル部材の製作は、ぜひお声かけ下さい。

ポリカーボネート(PC)レンズカット加工

2020-03-29(日) blogs

ポリカーボネート(PC)のレンズカット加工を得意としています。

特徴としては、レンズカット部は磨きレスで機械加工のままで製作する事です。

機械加工のままがもっとも3Dデータに近い形状です。

職人のように丁寧に削る事によって磨きレスを実現しています。

レンズカット試作部品はライティングテストなどに使用されることも多いので

設計者様の狙った形を実現するために、できる限りデータに忠実に再現する

事を意識して製作しています。


ポリカーボネート(PC)の透明切削は、透明化処理が難しい。

切削加工すると表面が白くなってしまいます。

磨いても美しい高透明にはなりません。

それにアクリルのように磨けば磨くだけ奇麗になる訳ではありません。

磨き過ぎるとカタチはダレ、表面が摩擦熱で硬化、焼けてクラックが入ります。

磨きも、研磨も、透明蒸着処理も、できる限りしない事。

それが高品質のコツです。

ポリカーボネート(PC)透明化処理は、ぜひお声かけ下さい。

ドーム型形状のアクリル切削加工動画

2020-03-29(日) blogs

動画はドーム型形状をアクリル板から切削加工しています。

レンズとして使用します。

弊社は、透明切削や透明仕上を得意として いるので、レンズカット加工品の実績が豊富です。

厚い材料から湾曲した薄い形状を切削していますので、12時間以上かかる予定です。

切削加工とか機械加工とか呼ばれる加工はカタチによっては何十時間もかかる場合がございます。

弊社の加工機械であるCNCマシニングセンタは 高速マシニングセンタで精密加工をメインと する工作機械となります。

ライティングパーツの機械切削加工

2020-03-28(土) blogs

ライティングにつかうレンズなどのパーツを製作しています。

ポリカーボネート(PC)やアクリル、PMPやウレタンなどを使っています。

ガラスでも製作可能です。

ライティングパーツの製作はぜひ(株)アリスにお任せ下さい。

MCナイロン901(青)の機械加工動画

2020-03-28(土) blogs

MCナイロン901(青)で治具や部品を機械加工して製作する事が増えてきました。

3年前までは、ポリアセタール(ジュラコン)POMの治具や部品加工が多かったのですが、今ではMCナイロン901(青)の方が多いかもしれません。

動画をユーチューブでアップしましたのでご覧下さい。

VE提案型の開発試作会社アリス

2020-03-27(金) blogs

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や

PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、MCナイロンなどの

プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

あまり開発製品を製作した事がない。

そんな場合でもご遠慮なく、お気軽にお声かけ下さい。

イメージだけでもなんとかします。

素材も用途や使用される環境などをお聞かせいただければ、提案致します。

加工方法も、数量や素材、形状や使われる雰囲気などをお聞かせ願えれば

考えさせていただきます。

もっとも良い試作方法を ご提案させていただいております。  

何でも相談できて、開発ものづくりを実現させるための、

VE提案型の開発試作会社として、あなたにお役に立ちます。

試作金型で創るプラスチック樹脂の射出成形試作部品

2020-03-27(金) blogs

(株)アリスでは、試作金型を製作して、量産試作サンプルや量産部品を

製作しています。

プラスチック樹脂の量産は基本的に射出成形となります。

試作金型でのインジェクション射出成形は、金型のライフが10,000~20,000個

程度と なります。

形状や材質によっては、50,000個以上ショットできる場合もございます。

簡易金型でのインジェクション射出成形。

材質は、高強度のアルミ材を使用。

加工性がよく、リードタイムとコストを大幅に短縮できます。

最初から30,000個以上を製作する予定でショット数が多い場合には、

本型と同じ鋼材で製作します。 

※試作金型でも簡易金型でも、品質、寸法精度は量産部品と変わりません。

試作金型で創るプラスチック樹脂の試作サンプルや部品はぜひアリスに

お任せ下さい。

1 / 712345...最後 »