プラスチック・樹脂加工ならプラスチック加工.comへ

OSAKAビジネスフェア/ものづくり展のテーマ

2019年11月10日 日曜日
OSAKAビジネスフェア/ものづくり展+(プラス)の開催が迫ってきました。
開催日時は、令和元年11月 20日(水)10:00~17:30となります。
大阪信用保証協会主催。
ものづくりを中心としたあらゆる業種の企業が集う総合型ビジネス・フェア。  
大阪を中心に他府県からの企業および公的機関・支援機関など約180ものブースが出展。
アリスは正座椅子(コノイス)をメインで展示します。
※特許取得済み。
今回は試作品を展示します。
取付して実際に試してもらうものはチタン製。
初めて製作した試作モデルです。
業界用語ではT-1(トライの1回目)となります。
これを使えば楽に長時間の正座ができます。
デザインや製作検討用に製作したT-2(2回目)をディスプレイします。 2回目の試作品はアルミ製。 画像のようにスタイルが狭すぎたり、広すぎるので間の幅でT-3をアルミで製作。 意匠登録したばかりなので今回は未展示となります。
デザインや製作検討用に製作したT-2(2回目)をディスプレイします。
2回目の試作品はアルミ製。
画像のようにスタイルが狭すぎたり、広すぎるので間の幅でT-3をアルミで製作。
意匠登録したばかりなので今回は未展示となります。
取付できるチタンの比重が約4.5です。
ディスプレイ用のアルミは比重が約2.7なので重さが半分近く、とても 軽くなっています。
近くに来られる予定があればぜひ展示会に寄って実物をお確かめ下さい。
和尚さんやお茶、お花など長時間正座する人たちに使ってもらいたい正座椅子。
妥協せず高品質で製品化を進めていますのでご期待下さい。

首里城が火災で焼失

2019年11月9日 土曜日
首里城が火災で焼失。
今、沖縄の象徴が消え去った事に重大な意味があるよう感じてしまいます。
火災の原因もひどい。
イベント用に継ぎ足した配線がショートしたとか、消火設備がなかったとか。
本当なんだろうか?
それに管理していた人たちは首里城を大切に思ってなかったんだと思います。
それに管理する能力も不足しています。
あまりにもレベルが低すぎます。
そんな人たちが中心となっての再建の話が進んでいるようです。
復元する事には賛成ですが、関係者は一新する事が必須です。
ミスは仕方ないという風潮ですが、許されるミスとは思えません。
プロなら対策していたはずです。
素人がなぜ管理していたのか?
不思議でなりません。
再建するには問題がたくさんある様子。
沖縄の人にリアルな話をお聞きしました。
まずは材料である木材の調達。
前回の調達先である台湾にヒノキはもう調達できないそうです。
神社仏閣でもそうみたいですが、材料である木材の入手ができない ようです。 価格も異常な高騰。 ぼろ儲けのビジネスになっていると聞いた事があります。 次の前回、20年間をかけて木工細工してきたプロの熟練工で ある人が70歳オーバー。 もうオファーがあって仕事を請けざる得ないらしいですが、 体力や気力が大変です。
神社仏閣でもそうみたいですが、材料である木材の入手ができない ようです。
価格も異常な高騰。
ぼろ儲けのビジネスになっていると聞いた事があります。
次の前回、20年間をかけて木工細工してきたプロの熟練工で ある人が70歳オーバー。
もうオファーがあって仕事を請けざる得ないらしいですが、 体力や気力が大変です。
幸い図面データは前回の再建時に作成してあるとの事。
ただデジタルデータだけでは再現できない細工もたくさんある と思います。
最先端のCADCAMやリバースエンジニアリングは素晴らしい技術ですが、
完全に再現できる範囲はまだまだ狭く人がフ ォローしないと再現できないのです。
また宮大工さんも不足しています。
3Kやブラックだとしてものづくりを見下してきた人たちが管理 してきた日本。
たくさんの外国人が助っ人する事になるのかな?
また利権に利用され、コンクリートだらけの似て非なる建物にならない ように祈ります。

「外国人採用サポートセンター」☆第二の事業として始めた訳

2019年10月12日 土曜日
私は(株)アリスという会社を起業して主にメーカーエンジニア様の
開発で必要となる試作品や、生産で使うライン治具や搬送トレー、
少量 多品種の部品を製作してきました。
自社で外国人エンジニアを採用してきたので、周りから優秀な外国人を紹介 して欲しいとのお声を多数いただきました。 そこで第二の事業として、外国人材の紹介事業を去年からスタート。 体制を整えながら、知名度アップのためにセミナーなどを開催。 アッと言う間に1年間が経過しました。
自社で外国人エンジニアを採用してきたので、周りから優秀な外国人を紹介 して
欲しいとのお声を多数いただきました。
そこで第二の事業として、外国人材の紹介事業を去年からスタート。
体制を整えながら、知名度アップのためにセミナーなどを開催。
アッと言う間に1年間が経過しました。
製造業と分けるために、「外国人採用サポートセンター」と職業紹介らしい
名称をネーミング。
顧問として外国人採用に詳しく実績のある社労士や行政書士などの先生方と連携。
ベトナムをメインに翻訳通訳できるスタッフも揃えて活動を本格化します。
年末までにホームページをリリースします。
口コミですでにエンジニアや技能実習生、特定技能や留学生のご紹介実績も増加。
準備しながらの目標20人までもう少しです。
次は各在留資格で20人を目指します。
画像や内容を変更しました。
覗いていただければ幸いです。
http://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930
製造業、医療・介護・福祉、建設や食品など様々な業界で人材にお困りの場合は、
ぜひお気軽にご連絡願います。
 ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
様々な在留資格の中から貴社にぴったりのタイプを ご紹介します!
お気軽にお問合せ下さい。
「外国人採用サポートセンター」
許可番号:27-ユ-302440
TEL:072-964-2100
E-mail:info@arice-world0917.jp
https://maido-navi.com/page.php?ac=a1454996930
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄

シロモノ家電やデジタル家電の開発試作モデルを創る

2019年10月11日 金曜日
開発試作アリスでは、家電製品の試作品の製作を得意としています。
洗濯機、冷蔵庫、クーラーといったシロモノ家電から、
テレビ、オーディオ、 レコーダーといったデジタル家電まで
幅広く開発試作に対応しています。 複雑かつ精密な機能試作サンプルや筐体などを切削加工や真空注型, 板金プレスやレーザーなどで製作。 プラスチック樹脂からアルミ金属まで加工致します。 プラスチック樹脂部品やアルミ金属部品の追加工も行っています。 家電試作品や治具などの製作は、アリスにお気軽にご相談下さい。
複雑かつ精密な機能試作サンプルや筐体などを切削加工や真空注型,
板金プレスやレーザーなどで製作。
プラスチック樹脂からアルミ金属まで加工致します。
プラスチック樹脂部品やアルミ金属部品の追加工も行っています。
家電試作品や治具などの製作は、アリスにお気軽にご相談下さい。

正座という日本古来の文化について

正座という日本古来の文化について。
いつの間にか足の痛さを我慢する修行のように考えられている正座。
本来の意味は、「正しく座る」という事です。
正しい姿勢で座ることにより、骨盤の位置が安定するので健康に良いとか、
足首やひざの筋肉、関節の状態を均等に戻してくれる効果がある。
血行が良くなったり、全身の筋肉が柔らかくなる。 バランスが良くなり、腰痛が改善される。 などなど、正座という正しい姿勢で座ることは健康法のひとつだと 言われています。
血行が良くなったり、全身の筋肉が柔らかくなる。
バランスが良くなり、腰痛が改善される。
などなど、正座という正しい姿勢で座ることは健康法のひとつだと 言われています。
正座して行う書道や華道、茶道も足のしびれを我慢する修行ではありません。
もちろんお寺の住職様や神社の宮司様、巫女様も同じです。
正しい姿勢で座り、正しい作法でお仕事をされる。
正座も修行の一部と考えるのはおかしいと思います。
正しい正座なら足はしびれないと聞きます。
その理想的な正座ができない場合は正座椅子の出番となります。(笑)
https://youtu.be/SIsyCgK-DzQ

理詰めで考えたロジカルな切削加工て試作品を創る

2019年10月10日 木曜日
開発試作のアリスは、高い精度や忠実な形状が求められる機能試作
モデルの精密切削加工技術を磨いてきました。
開発ものづくりの最前線を支える開発試作では、高精度を実現する
レベルの高い切削技術は不可欠です。
アルミ金属やプラスチック樹脂など様々な素材を幅広く精密加工して 試作品や治具、部品を製作しています。 アリスは開発試作に特化したプロフェッショナルとして、今後も進化 発展を続けていきます。 今後ともご愛顧の程よろしくお願いします。
アルミ金属やプラスチック樹脂など様々な素材を幅広く精密加工して
試作品や治具、部品を製作しています。
アリスは開発試作に特化したプロフェッショナルとして、
今後も進化 発展を続けていきます。
今後ともご愛顧の程よろしくお願いします。

PPSやPBTで切削加工モデルや耐熱性部品を創る③

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材や
PBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどの
プラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。
PPS部品なども実績が豊富です。
開発モーターやオートモーティブ、機械や省力化機器などの耐熱性が
必要な部品を製作する場合は、ぜひアリスにお声かけ下さい。

アルミや金属で切削加工部品を機械加工

2019年10月9日 水曜日
東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮、SUS、鉄などの
金属素材やPBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRP
などのプラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

PPSやPBTで切削加工モデルや耐熱性部品を創る②

最近はPBT(GF)で製作する仕事が多いです。
オートモーティブや開発モーター、電子機器での
PBT(GF)部品が増加しているからです。
いよいよ本格化してきたEV車の開発ものづくり。
PBTの機械加工やインジェクション成形を行ってきたことが
開発試作アリスの強みとなっています。

PPSやPBTで切削加工モデルや耐熱性部品を創る①

2019年10月8日 火曜日
開発試作アリスでは、PBTやPPS、ベークやピーク、エポキシなどで
創る切削加工品を得意としています。
もちろん少量多品種の部品や半導体などの生産ライン用の治具、
生産設備の部品なども試作から量産まで対応しています。
特に最近増加してきている耐熱性が必要な環境で使われるガラス入り 素材の
機械加工や射出成形の実績が豊富です。
精密な機械加工技術や部品製作能力。
プラスチック樹脂で創る試作サンプルや治具、部品の製作は、アリスにお任せ下さい。
1 / 42512345...102030...最後 »